CPUの種類と使用目的

CPUは中央処理装置の略語で、パソコンの処理能力に直結します。


いくら価格が高くても、CPUがショボイと遅かったり動かなかったりするので、CPU選びは重要です。
ここでは、代表的なCPUとパソコンを購入する目的との関係を知っておきましょう。


CPUの種類と特徴

CPUは性能が高いほど価格は高く、性能が低いと価格は安くなります。当たり前です。
これは、職人さんとアルバイト、どちらに作業をやらせるか、といった違いに似ています。


どちらがいいかは、購入目的次第なので、ここでは、代表的なCPU購入目的との関係を大まかに見ていきましょう。



スポンサーリンク



CPU 目的
Core i 7
超ハイスペック。
高画質のオンラインゲームや、かなり重い処理が必要なプログラム向けです。
多くの人は、ここまで必要ありません。
Core i 5
Core i 3
ハイスペック。
重い動画や画像の編集や、重いプログラムなども問題なくこなします。また、動画閲覧やエクセルの作業などもサクサクできます。
価格と性能のバランスが取れており、パソコンで色々やるかも、という人にもおすすめです。
Celeron Dual-Core
Pentium Dual-Core
AMD Dual-Core
普通。
インターネットで動画を見るくらいしか使わない、という場合には、コストパフォーマンスが最も優れています。
Atom 低スペック。
省電力でバッテリーが長持ちするようです。インターネットが見れればいいという人向けですが、動画を見るのにもストレスを感じるため、おすすめはしません。

もちろん、他にもCPUはあり、また、発売された世代など検討する要素は他にもありますが、大雑把には上記を知っておけば大丈夫です。


より詳しく知りたい人は、下記のようなサイトを参考にしてください。
http://homepage2.nifty.com/kamurai/CPU.htm
http://botchyworld.iinaa.net/cpu.htm


処理能力が必要なソフトやWebサービスが増えていることもあり、長く使うためにも、
個人的にはCore i5Core i3をおすすめします。


次:メモリ容量の目安


スポンサーリンク