画面サイズの選び方

ノートパソコンを選ぶ際に、重要度が高い項目の一つが画面サイズです。


画面サイズは、持ち運びやすさ作業のしやすさに直結します。
そのため、パソコンを買う目的とサイズが一致していないと、ストレスがたまるし、最悪の場合、ムダな買い物になってしまいます。


ここでは、パソコンを購入する目的画面サイズとの関係を見ていきましょう。


画面サイズとパソコンの目的
覚えておくべきことは、次の2点です。

・画面サイズが大きい機能が充実し、作業しやすい
・画面サイズが小さい持ち運びに便利

当たり前ですね。


あとは、家電店などで実際にサイズを見て決めればいいのですが、実際に使ったことがない人は、大きいのか小さいのかもあまりイメージがつかないはずです。

そこで、大まかな目安をご紹介します。


 A4サイズ以上 15.6インチ~ ほとんどデスクトップと同じです。
家で使い、外には持ち運ばない場合に適しています。
拡張性も高くなります。
 A4サイズ 14.0インチ
 ~
15.6インチ
15.6インチは、外に持ち出す場合の限界サイズです。
家がメインだが、たまに外に持ち出して使うかも?という場合には、このサイズが適しています。
 B5サイズ 11.6
 ~
14.0インチ
処理のしやすさと持ち運びやすさのバランスが取れたサイズです。
大学などで外に持ち出して使う必要があり、また、一定の機能が必要な場合にはこのサイズから選びましょう。12.1~13.3インチは中庸的なサイズです。
 モバイルタイプ ~11.6インチ 持ち運びやすさを追求したタイプです。このタイプは基本的に機能を抑え省電力にしています。
外でインターネットや文書を見るため常に持ち歩く場合には適していますが、Iphoneなどのスマートフォンがあれば十分なので、おすすめしません。 


なお、家庭用ノートパソコンで最も多いサイズは15.6インチです。
これは、家で使うには、収納も持ち運びもしやすく適したサイズですが、外に持ち運ぶ場合は限界の大きさです。外で使うことが多いひとには向かないので注意してください。


また、11.6インチより小さいサイズは、パソコンというよりは、ちょっと大きな携帯電話に近い印象です。
外でネットが見れればそれで十分という人以外はやめておきましょう。


あとは、好みの問題です。


なお、個人的には持ち運ぶ場合は13.3インチか14.0インチが好きです。
家でメインで使っているのは15.6インチです。これだと、収納にもあまり困りません。


次:CPUの種類と使用目的

2大PC比較サイト