HDDとSSDの違い

HDDやSSDはデータを記憶する部分です。


メモリが机なら、HDDやSSDはタンスみたいなもので、容量が多いほど、多くのファイルを保存することができます。
ここでは、HDDとSSDの違いを知っておきましょう。

HDDとSSDの違い

技術的な違いはさておき、HDDとSSDの違いは次のとおりです。

HDD 安い
大容量
遅い
SSD かなり高い
データが安定
速い

イメージとしては、下記の通りです。

SSD:高級品、データが壊れる可能性が低く、速い
HDD:大衆品、最も普及している



スポンサーリンク


現在、HDDは技術の進歩などで価格は下がりきっていますが、SSDはまだまだ価格は高いため、同じ容量ではSSDの方がかなり高価です。


SSDは、HDDと比べてパソコンの起動時間が半分以下になったりと、かなり高性能なのですが、
普及段階で、採用しているパソコンは半数というのが実態です。


そのため、お金に余裕があり、良いものが欲しい場合はSSD気にしなければHDDという理解十分です。


また、最近は、起動などの重い処理のときだけSSDを使えるよう、少量のSSD(32G以下)+大容量のHDD(500G以上)で価格とスピードのバランスを保ったPCも発売されています。
(価格comではハイブリッドHDDと表記しています。)


なお、容量の大きさですが、実はあまり気にする必要がありません。どのパソコンでも100G以上はあるためです。もし足らなくても、外付けHDDが500Gあたり3,000円程度で買えるので、多少足らなくてもあまり問題にもならないのです。
http://kakaku.com/pc/external-hdd/


参考ですが、私のパソコンは30Gくらいしか使っていません。動画をたくさん保存したりしない限り、たくさん容量を使うほうが難しかったりします。
逆に、動画をたくさん保存し、編集を繰り返したりする場合には、500G以上の容量があるPCを選ぶようにしておきましょう。


次:搭載ソフト(OSとオフィス)

スポンサーリンク