メーカーとシリーズの選び方

パソコンについて詳しくない人の最も多い質問が「どのメーカーにすればいいの?」です。


そして、次は、「どのシリーズがいいの?」です。


ここでは、メーカーやシリーズの違いを知っておきましょう。


メーカーによる違いはサポート程度
まず、覚えておいて欲しいのは、パソコンのスペックと、メーカーやシリーズはほとんど関係ないということです。


メーカーは、パソコンの中身を組み立てて、箱を作っているだけとイメージしてください。
シリーズは箱の見た目が違うというイメージで十分です。基本的に違うのは、購入後のサポートくらいでしかありません。


つまり、「どのメーカー・シリーズのパソコンを買えばいいの?」という質問は、あまり重要ではないのです。まずは、このことを理解しておきましょう。


「日本製だから機能が高そう」「海外製だからスペックが低そう」などという印象は、イメージではそうかもしれませんが、これは誤りなのです。


メーカー・スペックで知っておくべきこと
とはいえ、サポート体制が充実しているかや、外箱が頑丈かなどで、各社特徴があるのも事実です。


そこで、知っておいた方がいいなと個人的に思う、代表的なメーカー・シリーズの特徴を記載しておきます。(逆に言えばここに書いたもの以外は、知らなくてもたいして問題ありません。)


スポンサーリンク



◯パナソニック
レッツノート(Let's note)シリーズを出しています。
レッツノートは、ノートパソコンの中で最も頑丈な作りになっており、大学教授や研究者などがよく使っています。
重要なデータを頻繁に持ち運ぶ場合や、お金に余裕がある人は、迷わずこれを選びましょう。
ただし、価格は、同じスペックのノートパソコンの2倍くらいになります。


◯それ以外の日本の大手メーカー
大手(NEC,SONY,東芝,富士通)は、海外のメーカーより価格は高めです。
その分、サポートがしっかりしている、と一応言っておきます。
日本の大手会社のパソコンにする際は、メーカーうんぬんではなく、レッツノートかそれ以外かと理解しておけば十分です。(各社とも独自性を強調してはいるものの、意味のあるレベルではありません。)


◯アメリカの大手メーカー
HP(ヒューレット・パッカード)DELL(デル)を知っておけば十分です。
2009年でHPが世界シェア1位、2013年でも2位です。DELLは2013年3位です。
どちらも、価格はやや安めですが、サポートはあまり期待できません。


◯台湾のメーカー
Acer(エイサー)ASUS(エイスース)の2社が日本でも普及しています。
このうち、Acerは2009年世界シェア2位で、2013年では4位です。また、2011年の第4四半期では、Asusは4位で、2013年は5位でした。。
どちらも、価格はかなり安めですが、サポートはあまり期待できません。
なお、台湾は、半導体事業では世界トップレベルの技術とシェアを誇っています。世界で普及しているパソコンパーツの多くは台湾製です。


◯中国のメーカー
Lenovo(レノボ)だけ知っておきましょう。かなり価格が安いのが特徴です。
そのせいか、2013年の世界シェアが1位となりました。(あまり良い噂は聞こえてきませんが。。)
なお、LenovoにはThinkPadシリーズがあります。これは、Lenovoが買収した旧IBM(アメリカの大企業)のパソコン部門が作っているシリーズです。Lenovoの中でも、ThinkPadシリーズは、比較的しっかりしたものだという理解で十分です。



メーカーの選び方
最後に、個人的なメーカーとシリーズの選び方を簡単にまとめておきます。

お金をいくらでも出していい人レッツノート
・それ以外は、同スペックでは、安いモノ
同スペック、同価格では、日本大手HP・DELLAserAsusThinkPad>その他
 (※大体は、Aser・Asus・ThinkPadになると思いますし、それで十分だと思います)


海外製の場合、サポートが日本製より劣るものの、世界的にみて日本製より普及度は高く、機能面の問題はありません。


そして、サポートも、何もわからない人に電話できちんと説明できるレベルは、日本製でも期待できません。(知識レベルが高く説明も上手な人は、サポートセンターにはいません。)また、提供されるサポートも、インターネットのつなぎ方など、ちょっと使ったことがある人ならわかることがほとんどです。

ということで、全くの初心者の場合は、メーカーのサポートに頼るよりは、知り合いにお願いするほうがよっぽど正解なのです。そして、仕事などでパソコンを使用している人にとっては、メーカーのサポートは不要だというのが個人的な印象です。



スポンサーリンク