搭載ソフト(OSとオフィス)

搭載ソフトは、パソコンに何が入っているかです。


OS総合ソフトがありますが、あまりに古いOSだと対応してないサービスがあったりするので、ここでは代表的なことを知っておきましょう

OSの種類

OSはパソコンの頭脳のようなものです。


WindowsXPとかビスタとか色々聞いたことがあると思います。現在は、Windows10が最新です。Windows8.1やWindows8、もしくはWindows7が入っていれば、10へ無償アップデートできるケースもあります。

価格comでは、32bit64bitかを選ぶ項目がありますが、今は64bitがほぼすべてを占めています。普通に使うには、どちらでもかまいませんが、64bitの方が、処理能力が高く、今後も引き続き普及が見込まれているので、個人的にはおすすめです。
(昔は64bitだと動かない機器も多かったのですが、最近はどちらにも対応しているものがほとんどです。そもそも、最近はほとんどのパソコンで64bitが採用されていますので。)



スポンサーリンク


なお、もしも32bitのパソコンが中古などで大安売りであった場合などで、それを選んだ場合は、メモリは4G以下にしておく方がお得です。(32bitのOSでは、どんなに頑張ってもメモリを約3Gしか消費できません。こちらに詳しく記載されています。)


Windows10には、HomeやProなどいくつかバージョンがありますが、個人が買う場合にはHome で問題なく、Proはビジネス向けの色が強いです。
詳しい違いを知りたい人は下記などを参考にしてください。
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-editions



総合ソフトの種類

価格comで言う総合ソフトは、色々ありますが、要はMicrosoftオフィスのことです。
つまり、Microsoftが出しているワードやエクセルなどが入っているかどうかということです。


特に、会社の仕事を持ち帰って家でやる場合などには、ワードやエクセルなど、会社で使っているソフトがないと困る場合も多いと思います。


総合ソフトにはPersonalやHome and Businessなどいくつかバージョンがありますが、入っているソフトが違うので下記を参考に確認してください。(ワード・エクセル・アウトルックはどれにも入っています。)
https://www.microsoft.com/ja-jp/office/homeuse/office2016/


なお、これらが入っている場合、当然ですが、パソコンの価格は高くなります。


もし、オフィスが入っていないパソコンが特売されているけど、オフィスも必要な場合などでは、↓のようなサイトで検索し、オフィスだけを安く買ってしまうのもひとつの手です。
http://www.coneco.net/SpecList/01903010/
(私はだいたいこのパターンです。)



スポンサーリンク